早期英語教育の弊害を避けるために知っておきたい、「危険な語りかけ」とは?

20170911172938.jpg

ご注意!危険な語りかけとは?

ややぶっそうなタイトルですが…

ズバリ、キケンな、NG語りかけとは?

それは、「英語で快適に、充分なコミュニケーションが出来ない人が、英語メインで語りかけをしようとすること」です。

随分以前のことですが、電車で遭遇したママと一歳くらいのベビー。

日本人のママが、英語しか使ってません。
しかも、明らかに、大して英語できない。
すごーく限られた単語しか使ってない。
同じことばかり言ってる。
これは、いけません!!

 

ベビーには豊かな言語環境が必要です!

ベビーには、豊かな言語環境が必要なのです。

英語とか、日本語とか、関係なく。

一緒に過ごす時間が一番長いママが、得意な言葉で、たーくさん話しかけてあげて下さい。
ベビーの言語能力、コミュニケーション能力を開発するために、決定的に必要なことです。

そして、一つの言語で培った言語能力は、必ずもう一つの言語にも反映されます。

「まず母語」というのとは、少し違います。
生まれた時から、二カ国語で豊かに語りかけられる環境のある人は、そうすればいいでしょう。

そうではない人は、無理をしてはいけません。
そのような子育てをして、子どもの言語能力が深刻に損なわれた例を扱った論文があります。近年の日本における「バイリンガル育児」の1事例です。

とりあえず、豊かに語りかけることのできる言語を、伸ばせるだけ伸ばしておきましょう。焦らず、じっくり、日本語での語りかけをしましょう。

あ、英語はヤメトケというのではないデスヨ!
日本語の10分の1の英語を日常生活に!これだけです。

はい、こっち→ 日本語の10分の1の英語を

CDをかけてママと遊んで、DVDをママと一緒に見て、週一回のおやこえいごくらぶ…(笑)英語との出会いが、大好きなママと遊んだ楽しい思い出になったら、どんなにいいでしょう。

そのまま英語と親しむ幼児期を経て、時が来たら、ガツンと学習モードに突入、一気に英語の基礎を作ってしまいましょう!

それはいつって?
ずばり、小学校高学年ですね。
そこから数年間、英語漬けになってください。
それで充分です。

小学校高学年で、英語の基礎が作ることができれば、その後の英語学習が、劇的に変わることは間違いありません。コンテンツを楽しみながら、より英語力を伸ばすことができます。

全ての子供たちに、幸せな英語との出会いがありますように!祈ることしかできませんが、いつもそう願っています。

0歳、1歳、2歳、幼稚園児英語、小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、東海市、日進市、春日井市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶの英語レッスンのご紹介はこちらをクリック

名古屋市緑区のおやこえいごくらぶへのお問い合わせはこちらをクリック
久しぶりにブログ村に参加しています。
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村