アメリカからのお客様

image by setsukooda, on Flickr

アメリカからのお客様

名古屋市緑区で、ベビーとママのための英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

この夏、アメリカから、友人が遊びに来てくれました。

二十歳頃からの古い友人で、一緒に英会話スクールで教えていた仲間です。

その後、彼女はアメリカ留学を経て、アメリカ人と結婚し、子どもも生まれ、今もアメリカ在住。
アメリカの一流大学で、日本語を教えています。

15歳の娘さん、Aちゃんと2人で名古屋を訪ねてくれました。

そして、母娘2組で名古屋ツアー。

Aちゃんは、もちろん英語メインですが、日本語も充分コミュニケーションができるレベルです。

ママがいつも日本語で話しかけているのと、夏には毎年、ひと月以上日本に滞在しています。

国際結婚の家庭でも、子どもをバイリンガルに育てるのは大変なことです。

今回、Aちゃんと色々話をすることが出来ました。

彼女が、日本人であること、バイリンガルであることをとても肯定的に考えていることがわかって、とても嬉しく思いました。

無邪気に日本語を使っていた小さい頃は、そして日本的なものにちょっと反発していた?思春期を経て、今は自分のダブルアイデンティティをしっかり受けとめているみたい。

これから日本語を一生賢明勉強する!と力強く語ってくれました。
とてもうれしそうなママを見て、私も本当に嬉しくなりました!

日本の子ども達も、もしかしたら、途中で英語を拒絶するときだってあるかもしれません。

そういうときには、すぐにあきらめず、どうか、踏ん張ってほしい。

なだめすかし、ちょっとずつ小出しにして、なんとか持ちこたえてほしい。

言葉がわかることの素晴らしさを語ってあげてほしい。

ママが、英語でDVDを見たり、英語で歌ったり遊んだりするのを楽しんでほしい。

私の2人の子どもたちも、バイリンガルであることを喜び、誇りに感じています。
親の私もそんな姿を見て、本当にうれしい。

おやこえいごくらぶのママとベビー達も、絶対そうなってほしい!

せつこさんがついてるからね!!

最後まで読んで くださってありがとうございました。


にほんブログ村