ママからベビーへ、英語のプレゼントをしませんか?

image by setsukooda, on Flickr

ママからベビーへ、英語のプレゼントをしませんか?

名古屋市緑区でベビーとママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

「英語を教えています」と自己紹介をすると、かなりの確率で「私、英語習いたんですよ!!」と言われます、、、

仕事上、英語が必要という人もいるし、海外旅行に行くとき話せたらいいな、という人もいます。

どのレベルから習いたいのかにもよりますが、大人の外国語習得は、相当に難しいです。

誰かに習う、習わない、に関わらず、とにかく「毎日」やらないと絶対に無理です。

朝に、晩に、しょっちゅうやってる、気がついたら英語のことを考えている、という、いわゆる「ハマっている」状態にならないと無理です。

1日最低1時間くらいはガッチリやって、更に通勤途中にもリスニングをして、という感じでやっても、多少カタチになるまで最低2年間、あるいはそれ以上かかるのではないでしょうか?

ワタシは、中学2年生の頃、英語にハマり出しました。

中高一貫校に通っていましたが、学校でも「せつこって英語できるよね」と認識されだしたのは、高校1年生くらいのことでした。

その頃には、リスニングはバッチリ。なんとか、簡単な受け答えならできるレベル。

時間はたっぷりある中学生でこれくらいなので、忙しい大人には、もっとハードルが高いことでしょう。

語学は、時間がめちゃめちゃかかる上に、誰かに習おうとすると、お金もたくさんかかる。

本当に、コスパの悪いことです。

私の24歳の息子、現在、東京の大学院に通っています。

英語ができることで、色々な機会を頂いています。

彼の友達も、英語を何とか身に付けたいと、レッスンを受けたり、短期留学に行ったりしています。

だけど、なかなかうまくいっていないそうです。

小さい時から英語に親しんでいた息子は、自分はとてもラッキーだ!と言って、感謝してくれています。

「英語は必要になってから、自分でやればよい。やる気になれば、大人になってからでも充分できる。早期英語教育などもってのほか」なんて言ってる人は、どういうつもりなのでしょうか?

ワタシには、「誰でも、やる気になれば、司法試験に受かることは充分できる!」と言っているように聞こえます。

もちろん、大人になってからでも、充分できる人はいます。

高いモーチベーションを持ち、勤勉で、語学に適性があり、恥をかくことを厭わない人であれば、大丈夫!

だけど、個人差、というのはつきもの。

誰でもできることではありません。

英語と司法試験は、もちろん違います。

だけど、英語は、司法試験と比べれば易しい、誰でもできる!と言えるほど、容易なことではないです。

間違いなく、司法試験は、相当な知性、記憶力、適性がいることで、本当に、誰でもできることではないでしょう。

早くからやれば出来るというものでもありません。

英語も、身につけるのは困難。

でも、早い時期から、適切な教育を行うよって、かなり成功の確率が高まると思います。

確実に、将来役に立つ英語。大人になってからでは、かなり習得が難しい英語。

ママが、プレゼントしてあげられれば、素晴らしいと思いませんか?

いつかベビーが、どんなにママに感謝することでしょう!

そのお手伝いを、おやこえいごくらぶにさせて下さいね。

名古屋市緑区親子英会話教室、せつこでした!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村