フォニックスなんて必要ないですよ!!

フォニックスなんて必要ないですよ!!

名古屋市緑区でベビーとママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

おやこえいごくらぶでは、フォニックスは一切教えておりません。

だって、必要ないですもの!!

はい、ベビーには全く必要ありません!!

だって、ベビーは耳だけで全てオケーですから。

ベビーだけでなく、3歳児にも、4歳児にも、5歳児にも、まだまだ早いです。

フォニックス、というのは「読み方」の勉強です。書いてる単語や文を読むときに使う知識です。

まず、「音」に慣れて、耳を鍛えておくべき年齢には全く不必要なことです。

アメリカでは、4歳くらいからフォニックスを習いますが、アメリカの4歳児といえば、もう英語の音はバッチリ頭に入っています。

しかも、大人とでも充分会話ができます。

その段階を経て、今度は、本を「読もう」としているのです。

その時に、フォニックスが役に立つのですよね。

まだまだ、英語の「音」に慣れる時期である子ども達には全く不要なものです。

そして、「フォニックス」を発音の勉強、と結びつけて考えている方が、時々いらっしゃると思います。

そうではありません。フォニックスは、もうすでに、音で知っている単語を、スペリングと結びつける作業です。

発音記号で書きますと、/æpl/ っていう音の単語は、appleって書くんだな!ということを学ぶわけです。

英語を身に付けようとする日本の子ども達にとって、まず大切なのは、「音」そのものをどんどん蓄えていくこと。

スペリングに当てはめるのは、ずーっと先でOKです。

日本の英語教育からは、「音声教育」が、悲しいくらい、スッポリと抜けてしまっています。

「発音」をきちんと学ぶ機会がないのです。

だから、発音とスペリングを結びつける「フォニックス」を特別視してしまうのではないかと思っています。

必要なのは、フォニックス、ではありません。

音声教育です。

近年、「多読」が盛んになってきてから、ますます、フォニックス年齢が低くなってきているような気がして、危惧を感じます。

多読も、取り扱い注意です。それは、また今度書こうと思います。

ただし、中学生以上の英語学習者は、フォニックスを最初から効果的に取り入れることは、プラスに働くと思います。

あくまで、ベビー、キッズ対象に限ってのことですので、誤解なきようお願いします。

名古屋市緑区親子英会話教室、せつこでした!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村