帰国子女Rさんの経験

名古屋市緑区でベビーとママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

今日、4歳から7歳までアメリカに住んでいた、というRさんとお話する機会がありました。

Rさんは現在大学生です。

とてもネイティブな英語の発音をしているRさん。

てっきり、小学校高学年までアメリカにいたのだろうと思っていましたが、なんと7歳で帰国とのこと。

kids

「どうやって、そのネイティブな発音をキープしたのか?」とたずねました。

やはり、親が相当努力してくれたようです。

いつもいつもCDのかけ流しをしたり、家でもドリルをやったり、時にはネイティブの先生を自宅に呼んでくれたりした、とのこと。

やっぱりねえ。でなきゃねえ。

だけど、現在の彼女の英語力は、そうすごいものではないのです。

大変残念なことに。

発音がやたらよい、というレベルにとどまっています。

リスニングはまあまあできる。

だけど、文法がよくわかっていない。読解ができない。

どうして、こうなってしまうかなあ。本当に残念だ。

小さいときのレベルにとどまらず、向上させるには、どうしたら良いのでしょうね。

「ある程度、まあまあ、英語ができる」というレベルにとどまってしまう人って多い。

それでも、十分役には立つし、まあ、いいんだと思う。


だけど、たったそれくらいのレベルにするために、そんな小さいときからやらなきゃいけないものなのか、とも思う。

「日常レベル」

「ビジネスレベル」

「高度な、バランスのとれたバイリンガル」

せめて、ビジネスレベルまでは行ってほしい、と思う。

私が、ちびっ子バイリンガルに懐疑的なのは、そこなんです。

小学校に入る前から「バイリンガル」でなくてもいい。

大人になったときに、せめてビジネスレベルのバイリンガルになってほしい。

ねっねっ。おやこえいごくらぶに通ってくれる子どもたちは、そこを目指そうね!

名古屋市緑区、親子英会話教室、せつこでした!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村