母語と英語とどっちが大事なの?

image by setsukooda, on Flickr

母語と英語とどっちが大事なの?

名古屋市緑区でベビーとママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

うちの息子は、高校で留学しましたが、行き先にアイルランドを選びました。

とても良い選択だったと思います。

アイルランドのド田舎の、まるでハリーポッターに出てくるような寄宿学校で学びました。

こちらです。

アイルランドを選んだ理由は色々ありますが、最も大きな理由は、アイルランドが英語国だからです。

そして、イギリスと比べて、安かったから(・ω・)ノ

しかし、アイルランドの第一言語は、「アイルランド語」なんです。

だけど、イギリス王室に支配されるようになってから、段々と英語の使用が増えて、ついには、英語がメインになってしまったのです。

今でも、少数ですが、アイルランド語を使っているコミュニティもあります。

そして、アイルランドでは、小学校から高校まで、アイルランド語は必修科目です。(留学生は免除)

だけど、大部分の人は、アイルランド語で充分なコミュニケーションが出来るほどの力はないのです。

アイルランド語を奪われたような形で、英語国になってしまったアイルランド。

アイルランドにとっては、どうだったのでしょうね?

だけど、英語国であることのメリットも大きいというのは、確かにあると思います。

一度も植民地になったことのない、日本。

そのおかげで、今日まで、「日本語」を守り続けることができました。

いやはや、守りまくってます。

「母語が大事」と無邪気に言っていますが、アイルランドのような国が、アイルランド語をなんとか守ろうとしているのと比べると、のん気なものなのでしょうね。

でも、アイルランドだって、シンガポールだって、母語が英語にとって変わられていますが、英語のメリットは充分生かしていますよね。

英語はもうやめて、アイルランド語だけでやろう!なんていう政策は出ませんからね。

やっぱり、現実路線で行くことも必要なのでしょう。

花より団子、といいましょうか。

日本の将来に、英語がどこまで必要になるのか、今の時点ではわかりません。

ワタシは、もし、将来日本がヤバくなって来ることがあれば、子ども達には、外国に行って生き延びて欲しいと思っています。

早期英語教育に反対しているジイさん、バアさんは、おそらく平和な日本で一生を終えることができるでしょう。

そういう人達に、のん気に、母語が大事なんて言ってもらいたくないなあ。

もちろん、日本が大丈夫な場合に備えて、母語もやるよ。

それでも、英語はやっぱり役立つだろうけど。

もしかして日本語では間に合わなくなる日のことも想定して、やっぱり英語やりましょうよ。

名古屋市緑区親子英会話教室、せつこでした!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村