感情のこもらない語りかけなら、やらない方がまし

image by setsukooda, on Flickr

感情のこもらない語りかけなら、やらない方がまし

名古屋市緑区でベビーとママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

ベビーから英語を始めるからには、「英語を言葉として認識させる」ことが大切。

それがないのなら、もう、やる意味ない。

日本語と同じで、人とコミュニケーションするのに使う言葉なんだ、とわかって欲しい。

ワタシも、長いこと、それがわからなかったから。

アメリカ留学しても、しばらくわからなかった。

ある日、「あっ!!」とわかったんです。「英語も、日本語と同じ言葉なんだ!!」って。

大抵の日本人は、英語を話すとき、小声になっちゃう。照れちゃう。

まず、それからやめないとね。

なぜ、言葉を話すのに、恥ずかしいのか?

でも、ワタシも、ずっと恥ずかしかったです。わかります。

だけど、今は、全く照れなんかありません。

ワタシにとって、日本語も英語も、同じく言葉だからです。

英語育児をやる方で、人前ではめっちゃ小さい声で英語話している人っていますね。

ダメよー、ダメ、ダメ!

英語を話すのは、恥ずかしいことではありません。

他人の反応を気にするくらいなら、やめた方がいいと思います。

逆に、めっちゃハイテンションで話した方がいいと思います。

英語を話す時に感情が入っていないのは、ホントよくない。

「子どもに」話す時の話し方って、ありますよね。

日本語なら、自然にやっていること。

それが、「英語」となったら、テレだったり、英語力不足だったりで、小声でボソボソ、、、てなるのだったら、やめた方がいい。

それより、情感たっぷり込めて、good morning!て毎朝言ってあげるだけで充分ですよ!

名古屋市緑区、親子英会話教室せつこでした!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村