あまりフォニックスにハマらない方が良い理由

あまりフォニックスにハマらない方が良い理由

名古屋市緑区でベビーとママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

ワタシは大人にも英語を教えていますが、今ではあまり英語そのものを教えてはいません。

何を教えているかって?

発音、なんです。

どのレベルの発音を身につけたいか、というのは自由だと思います。

しかし、とりあえず、「教師」として英語を教えている人には、発音の基礎を知っていてもらいたいと思います。

今日は、”finger” “singer”の発音の違いについて、みっちりと教えてました。

この二つの言葉、スペリングはそっくりですが、発音は違うんですよね。

あ、もちろん、”f””s”以外のところです。

フォニックス、というのは、音とスペリングの連関性を覚えて、読みにつなげようとするものですよね。

だけど、スペリングが同じでも音が違うものってのがあるから、あんまりゾッコン惚れこむのはよしておいた方がいいと思います。

それも、how と low が違うとかそういうわかりやす~いものなら、sight word とかなんとか言って乗り切ることもできるけど。

finger と singer なんてそっくりですしね、、、

まずは、「音」そのものをた~っぷり聞かないとね。

読むのなんて、先の先でいいと思うんだけど、、、

今年度中に、一度はブログから発音講座参加者募集をやりたいと思っていますので、ご興味のある方はご参加下さいね。

名古屋市緑区、親子英会話教室、せつこでした!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村