子育てに失敗したい方、教育にじゃんじゃんお金かけましょう!

image by setsukooda, on Flickr

子育てに失敗したい方、教育にじゃんじゃんお金かけましょう!

名古屋市緑区でベビーとママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

さて、またまた思わせぶりなタイトルごめんなさい!

でも、本当にそうなんです。

さて、人生でお金の貯め時が3回あるそうです。

それは、①独身時代から夫婦のみの時代②子どもの幼少期③子どもの独立後、だそう。

つまり、「ベビーとママ」世代は、お金を貯めなきゃいけない年代、ということなんです!

子ども、というのは、大きくなればなるほど、お金がかかります。

というより、お金をかけてあげなきゃ、いけない。

「大学生になったら、欲しいものくらいは、バイトして自分で買いなさい」なんて言う人がいますが、、、

ハッキリ言って、ナンセンスです!

この就職氷河期の現代に、何言ってんの、と言いたいです。

バイトなんてやってるヒマ、ないんですよ!

どんどん、自分に実力つけていかなきゃ。

それから、「大学生になったら、奨学金も借りて、少しは自立して」なんて、これもダメ。

昔の、借り得だった頃の奨学金とは違うのです。

単なる学生ローンですよ。借金です。

社会に出る時から、借金背負ってるなんて、、、決して良いことではありません。

大学を出るときに、借金がなく、そこそこ社会に役立てるような実力、資格を持っている、、、という状態に、子どもをしてやりたいものです。

それには、子どもが小さいときから、しっかり、貯金をしておかなくてはね。

だから、お金の貯め時である今、あんまり教育に大枚はたかないで下さい。

あ、ケチりなさい、というのではないですよ。

お金の使い所を間違えないで欲しいのです。

例えば英語学習でも。

ベビーのときに、大枚払って高い教材を買ったり、高いレッスンを受けても、続けなければ全く意味がありません。

英語育児の費用が、ひと月1万5000円、、、なんて読んだことありますが、かけ過ぎだと思います。

英語費(?)、せいぜい、そうですねえ、払っていいのって、5000円~7000円くらいではないでしょうか?

もちろん、所得にもよるわけですが、なんせ、先が長いですから、、、

それで、1万5000円払ったと思って、ひと月8000円を積み立てたら、、、10年ためれば、ほぼ100万になります!

その中から、30万円くらい使って、小学校高学年くらいで海外経験をさせてあげるのも、すごくいいと思います。

そして、小学校4年生からは、英語のかき入れ時。

多少お金をかけてあげることも必要でしょう。

ベビーの時から、細く長く、少しずつ積み上げてきた英語に対する準備が、花開く時です。

そして、高校生くらいになったら、せめて一年間、留学を!

ベビーの時に、あまりお金をかけないことで、これくらいのことは出来てしまうものです。

ベビーの時に、いくら大金かけて英語を学んでも、将来、こういう経験が出来るのと出来ないのとでは、大きく差がついてしまいます。

ベビーの英語は、あくまでも、準備。助走。そうあるべきだと思うのです。

ちびっ子バイリンガルは要りません。

本当のバイリンガルを育てましょう。

名古屋市緑区親子英会話教室、せつこでした!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村