早期教育における知育は有効か?

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児の赤ちゃんとママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

ワタシの子育て時代イコール早期教育、と言っても過言でないくらいでした。

子どものために、子どもの将来のためにしてやれることは何か?と無い知恵絞って考えてましたね。

その中でも、力を入れてたのが知育です。

知育って何?という方に、一言でお答えすると、、、

知識や、技術を教え込むのではなく、その子の将来の知的能力を伸ばすための取り組み、とでも言いましょうか、、、

具体的にいいますと、小学校受験に出てくるような問題をやること、とでも言いましょうか、、、

小学校受験のために幼い幼稚園児に勉強を強いることには、賛否両論あります。

また、最終的には、勝つか負けるかの競争ですから、ついつい行き過ぎた指導をしてしまうこともままありがちで、、、

だけど、やってる内容自体は、悪くないと思いました。

プレッシャーをあまりかけずに、むしろ楽しんでやれるくらいの取り組みであれば、結果として知能を伸ばすことも可能ではないかな。


子どもに勉強や英語や、仕込むのが得意なワタシ、子どもの受験に成功し、頼まれて指導した友達の子ども達も大成功、、、

だけど、知育キッズが皆天才、秀才に成長してるかというと、そうでもない。

逆に、知育をしてない子の方が伸びてるかというと、そんなこともない。

要は、色々な場合があるということなんでしょうね!

生まれ持った素質や能力、環境、その組み合わせ、タイミング、友達やら先生やら色んな人、色んな事の影響、、、

子どもに対して、無理のない範囲で教育的な試みをすることは基本的には賛成、だけど、あまりに結果を求めてイライラしたり、子どもにプレッシャーかけたりするくらいなら、やらない方がまし、、、って感じですかね。

とにかく、小学校にあがるくらいまでは、1にも2にも、まわりの大人に愛され可愛がられて育つことが何より重要。とくにママね。

それ以外のことは、フレキシブルに、臨機応変に参りましょう。

名古屋市緑区0歳からの英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、名古屋市天白区、名古屋市南区、愛知県豊明市等から通って頂いています。