受験を正攻法で攻めてはいけない。

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児とママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

さて今日は、日本の受験のサバイバル法について。

日本の受験で勝ち抜いて、とりあえずそこそこの大学を目指したい場合でも、できれば正攻法使って正面玄関からでなく、裏口でもなく、勝手口から行くことをお勧めします。

一番やめといほうがいいのに、、、と思うのは、公立中学から学区で一番とかの公立高校を狙うこと。

それってもっとも一般的かも?でも、ムダの多いやり方だと思います。

中学時代を内申書対策して過ごすのは、本当によくないと思うよ。。。

夜遅くまで塾に週3回も通って教科書の範囲だけガンガンやってれば、そりゃ点数上がるでしょう。

だけど、そんな限られた範囲だけやってたら、高校になってからタイヘン。
常に、その先を考えておいた方が得策です。

それに、試験対策で「ガリ勉」して成績を上げようとするのは、効率悪い、本当に。

多くの人は、中学も高校も、定期試験と最後の年の受験勉強を「ガリ勉」で乗り切ることがすなわち、「勉強」なような気がします。

それは、本当にもったいない。

少なくとも、そんな風にして英語やっても、出来るようになるワケありません。

それはもう、英語を使う機会がないとか、先生が英語できないとか、そんなこと関係なく、できるようになりません。断言できます。

私のオススメは、とにかく英語を強烈な得意科目にしてしまうこと。

学校の科目をどれも満遍なく試験ごとにソコソコ頑張ってたら、、、結局、な~んにも特技がなくなっちゃう人が多いです。
すべての科目をガリガリ一夜漬けで乗り切ってたら、、、結局、どの科目もできるようになりませんよね?

英語を得意科目にできたら、本当に本当にいいですよ。

特に、中学のときは、他の科目はいりません^ ^

英語だけに集中しても大丈夫。
後できっと、お釣りがきます。

他の科目は、授業をちゃんと聞いて、テスト前にノートチラ見するだけでオケイ。

そんなやり方で、ソコソコの高校に行けばよいんです。
それで充分。
だって、勝負は大学からですからね。

というわけで、今回はここでおしまい。

この記事の続きはこちらでお読みください!

名古屋市緑区0歳の赤ちゃんからの英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市等から通って頂いています。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村