おうち英語で何をやればいいんですか?

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児とママのための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

タイトルの質問を早速受けました。
これまでにもブログにも書いていますが、あらためて記しておきますね。

まずは、「英語を聞くこと」です。

とくに、生まれてから、1歳になるまでは、CDではダメなんです。
肉声で、語りかけてもらわないと、ダメ。
ダメ、というか、そういう研究結果が出ている。
それも、週一回で大丈夫、と出ています。

毎週、英語で語りかけ、遊んでもらうと、元々持っている英語リスニング力をそのまま持ち続けることができます。

1歳を過ぎてからではもうダメ、というのではありませんよ。

1歳を過ぎると、不要な「英語耳」は断捨離して、必要な「日本語耳」のみを残そうとします。
断捨離しないよう、英語をたくさん聞かせることによって回復させることができます。

もちろん、早ければ早い方が回復が早いことは言うまでもありません。

肉声による語りかけ、直接コミュニケーションもなるべく多く持つことが大切です。
ママが英語ができる場合には、とても有効でしょう。

そうでない場合は、決まり文句をちょこっと使ってあげるだけでオケー。
Wake up!とかGood morning!とかでいいじゃないですか。
その他は、外注しましょう。
例えば、おやこえいごくらぶとか笑

そして、ママが英語が出来る場合でも、「ママとだけ話すヒミツの言葉」にせず、英語でコミュニケーションする場所を作るのは、とてもいいことです。

1歳を過ぎる頃から少しずつ、CDのかけ流しをして、歌や手遊びをママと楽しむ。
2歳頃から動画を見始める。
動画は、とても強力なツールです。
でも、たくさん見せたいものではありませんよね。

だから、日本語のテレビ、ビデオは一切見ない。
英語のみ、に限定しておきます。
幼稚園などでお友達に聞いてきて、どうしてもジバニャン見たい~ってなるまでは、隠し通しておきましょう!

充分なインプットが出来れば、英語はイヤだ~!とはならないと思います。
日本語の方がいい!はあってもね。

インプットが足りなかった、あるいはスタートが遅かった、などで英語ヤダー!になってしまった場合。
これは手こずりますねー。
でも、何とか頑張って!
スタッフの里美先生の使った手は、「ママが英語の勉強してるの。あなたは見なくていいから、これだけは最後まで見させて。そのあと、日本語の見ようね」というもの。

ブツブツ、ギャーギャー言いながら、それでもママの側にいたくて耐えているうちに、あら不思議。
いつの間にか、1人でも30分、ヘタしたら1時間、見るようになったらしいですよ。

もうちょい大きくなって、字幕があれば見るくらいになれば、それで全然構いません。
オランダの子達はそうです。
10歳過ぎから、字幕で英語のテレビを見はじめるんです。

10歳を過ぎて、学習能力が発達し出したら、英語のかきいれどきです。
まだまだ柔軟なこの時期に、感覚と、理屈の両輪でガツンと英語を身につけることによって、バイリンガルへの第一歩です。

しかも、まだ英語に対して新鮮な気持ちが残っています。

中学、高校でやることは、多読。ジャブジャブ読みましょう。
意識してボキャブラリーを増やす必要があります。

以上が基本路線です。
日本語をメインとして将来も日本をベースにして生活する場合であれば、それで必要充分だと思います。

もう少し早めに攻めていきたい、という場合は、それもいいと思います。
それぞれの環境、考えによって、進めていければいいと思います。

日本語で何でも済ませられる環境で、外国語を習得するのは、大変なことです。

そして、バイリンガル、というのは、たとえ両親の母語が違うという環境でも、自然には生まれません。

とても人工的なことです。
ですので、どうしても、多少の「ムリ」を伴います。

つまり、子どもにとっては、負担が生じる。
そこを、何とか、あんまり大きな負担にならないよう、心しつつ、がんばりましょう!

ママからベビーに、「英語のプレゼント」ができたらステキだと思いませんか?

おやこえいごくらぶに来てください!

お手伝いしますよ!

名古屋市緑区0歳の赤ちゃんからの英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、港区、瑞穂区、愛知県豊明市等から通って頂いています。

■お問い合わせはこちら■

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村