発音についての考え方

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児、幼稚園、小学生のための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

さて、超多忙な日々が続いておりまして、ブログ更新、ブログ訪問が滞ってしまってます

そんな中、尊敬するCamayさんのブログで、ワタシのフォニックスの記事をご紹介下さったとご連絡頂きました。
ありがとうございます

Camayさんは、ご自身は英語が得意ではないのにも関わらず、現在中学生のお嬢様を、見事にバイリンガルに育てていらっしゃいます。

Camayさんもだし、あの超有名なキリ君ママ、タエさんもだけど、なんというか、恐らく教育に関する直感がすごく働く方達なのでしょう。

Camayさんのお考えを聞いて、クビを傾げるようなことなど、何一つありません。

特に、そうよね!と思ったのは、「発音は小学校高学年で最終調節する」と言われているところ。

激しく同意です。

だから、小学校高学年コースを始めることにしたのよ。

Camayさんのお嬢様のCannonちゃんは、純ジャパバイリンガルとしては、これ以上望めないほど素晴らしい発音だと思います。

そして、Cannonちゃんが言われるように、英語がかなり上手な人でも、発音が残念な人って、少なくないんです。
そして、大人の学習者でも、発音にコンプレックスを持ってる人ってかなりいます。

一体どうしてなのか??
まずは、インプットが足りていないこと。
これは、子どもの場合。
ある程度年齢がいってくると、ただただ聞き流すのみで、音に注意しながら聞いていないことが多いような気がする。

この様な研究は見たことがなく、あくまでも教師としての自分の経験によるものですが。

ザックリいうと、、、
いわゆる「耳がいい」とかいうやつではないか。

大学生を指導していても、特に英語が好きとか勉強してるとかいうことがなくても、元々発音がなんだかいい、という人が存在する。

たかが発音。
されど発音。
悪いより、そりゃ良い方がいいよね。

まずは、ちびっ子の時からたくさんインプットをして、理解力つけて英語にずーっと親しんで下さい。

そして、小学校高学年から、発音を意識して、ガンガン英語を身に付けよう!

大丈夫ですよ、これなら、全員成功します!

おやこえいごくらぶに、そのお手伝いをさせて下さいね!

名古屋市緑区0歳の赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、港区、瑞穂区、愛知県豊明市等から通って頂いています。

ベビー英語、ベビーマッサージ、幼稚園コース、小学生コースがあります。

■お問い合わせはこちら■

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村