やっぱりちびっこバイリンガルを育てたいママへ

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児、幼稚園、小学生のための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

(過去記事に加筆したものです)

さて、ワタシが提唱する「親子英語でバイリンガル」の乳幼児期における目的は、来るべき英語学習に向けての素地を作ること、とこれまでさんざん言ってきました。

「ちびっこバイリンガル」を育てること、が目的ではない、と。
本番は、小学校高学年だ、と。
ママにとってももっとも効率的だし、経済的なおやこえいごくらぶメソッドを、ぜひお勧めしたいです。

しかし!なかには、やはりちびっこバイリンガルを育てたい、という方もいらっしゃるでしょう。

それに反対するわけではありません、もちろん!
ママ、あるいはごく身近に英語話者がいる、あるいはインターナショナルスクールに通えるなど状況に恵まれ、あまり生活上、経済上のムリがないのなら、アリだと思います。

バイリンガリズム研究で有名な湯川笑子先生が言われるのは、
「(バイリンガルを育てるには)ふた親のもつ、「お金」「人脈」「言語能力」「言語習得や言語習得に関する知識」「学校教育について知っていること」を全て投入しなければならないほど、エネルギーの要求される営みである。」

全く同感です。
ワタシの提唱するおやこえいごくらぶメソッドでは、ちびっこの時は、インプットに徹して、アウトプットの部分を、小学校高学年までとっておきましょう、ということなんです。

抽象的思考ができるようになり、英語の重要性も何となく理解できるようになり。

ゆえに、アウトプットの機会をムダにしない、という覚悟ができる。

だって、アウトプット、お金かかりますから!!はい!!

ちびっこバイリンガルを育てようとするのなら、そこに手間ひま、お金を惜しんじゃいけない。

インプットとアウトプットを両方進めていかないとバイリンガルにはなれないわけだから。

とくに、日本で育つ場合には、対面でのコミュニケーション、そして、英語話者が複数いるコミュニケーション等、どうしても少なめ。
あらゆる機会をとらえて、補う必要がある。

英語教室に通ってアウトプットを試みても、そのアウトプットの機会を充分生かすには、レッスン外のインプットで準備をすることが必要。

それをせず、教室に任せっぱなしでは、成果など望めない。

教室に任せるなら、もう、インターナショナルスクールに通わせるレベルでないと。

もちろん、そのレベルでも、家庭の取り組みで差もつくんですけどね。
だけど、週に5回通うなら、任せっぱなしでも、それなりの成果は出ますよ。
湯水のごとくお金は使うけどね。

ちびっこバイリンガルを育てようとして、そこそこお金使って時間かけて、結局、思うような成果は出ず、、、というのが一番もったいないです。

やるなら、思いっきりやらないと。
お金を思いっきり使ってアウトソーシングするか。

あるいは、自分の時間は全部子どものために使うつもりで。

とにかく、ちびっこバイリンガルをどうしても育てたいのなら、手間ひま、あるいはお金。
どちらかは、湯水のように使う必要があります。

言うまでもないことですが。

ここをケチケチしますと、ほんっとに、残念なことになります。

いやー、キビシイな、、、と思った方!
そんなあなたにピッタリなのが、おやこえいごくらぶメソッド!

0歳からたっぷりインプット、ものごころついた頃に手間ひま、お金を集中させて、一気にアウトプット。
これで、ムリなく、ムダなく、バイリンガルを、目指しましょう!!

名古屋市緑区0歳の赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、港区、瑞穂区、愛知県豊明市等から通って頂いています。

ベビー英語、ベビーマッサージ、幼稚園コース、小学生コースがあります。

■お問い合わせはこちら■

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村