英語力と年収の相関について

20160309091151.jpg

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児、幼稚園、小学生のための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

さて、こんな表を見つけました。

日本人の英語力、アジアで27位だそうですハイ。

出典はこちら、IT media エンターテイメントの記事です。

【図解】人生の大問題:あなたの人生にかかわる衝撃的事実リスト【英語編】 – 誠 Biz.ID

記事によりますと、このランキングは、「TOEICなどのテストプログラムを開発している非営利機関ETS (Educational Testing Service)や各企業Webサイト情報を基に作成」ということですハイ。

この様な調査が本当に現実を反映したものかどうかはわかりません。

日本と色々面で共通している韓国が9位なのに、、、と考えるとザンネンではあります。

それより面白いのがこちら。

男性より女性の方が、英語力と年収との関連が大きい!

女性でTOEIC960点以上の人の平均年収は647,1万円で、男性の一般的平均年収507,4万円より大幅超え。

面白いのは、女性でTOEICスコア960-990点の人とそれ以下の人では大差がついているけど、900-960点グループは760-900点のグループに僅差ながら負けていること!!

これってなんなの!?

TOEIC960点以上ともなると、英語の専門職についているから、ということか?

それ以下の人は、英語の専門職ではなく、単に仕事で英語を使っている、という状態で、英語力以外の方が大切、ということなのか?

男性においてはもっと明らか。

760点以下とそれ以上のグループには、明らかに差があるが、それ以上のグループには、ほぼ差がない。

女性のように、960点以上がバズってるわけでもない。

つまり、将来の職業に生かすという目的で英語を身につける場合、女性で英語のプロになる場合以外は、760点で充分ということになるのかな。

それ以上は、英語力でない部分の方が大切だ、という風に考えていいのかな?

TOEICと実際の英語運用力が、どれだけリンクしているか、という問題は確かにあります。

TOEICスコアはよくても英語大してできない人はいる。

だけど、英語メチャできるけどTOEICスコアは悪い、ていうのは、あんまりないんじゃ?

少なくとも、1つの指針にはなるでしょう。

だからやっぱり、小さい時からゆるゆると英語に親しんでおいて、やるべき時にサクッ!と身につける、省エネなやり方がいいと思う。

あまり時間かけちゃいけません。

専門家になる以外は。

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、港区、瑞穂区、愛知県豊明市、大府市等から通って頂いています。

</a
ホームページはこちら

3月単発レッスンお申し込みはこちら

2016年度新入会ご案内はこちら