子ども英語教育がなかなか成功しない理由はこれ。

20160410091616.jpg

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児、幼稚園、小学生のための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

最近の若いママの中には、自分が小さい時英語教室に通った、という方が増えてきました。

でも「小学校くらいでやめちゃって結局身につきませんでした笑」と言われる方が結構います。

また、最近知り合った英語の先生ですが、「1歳頃から通ってくれても小学校くらいでやめる子が多い」という話を聞きました。

チビッコから英語を始めても、途中でやめる人ってかなーり多いんですね。

理由は1つ。
ズバリ、「成果が見えないから」でしょう。

教室をもっと発展させるにはどうしたらいいか?というと「それには成果を見せることだ!この教室に行ったらこうなる、という姿を見せることだ!」なんて言う人いるんだけど。

そんな簡単なもんとちがうで〜といいたいね。

英語教室は、たかだか週に1、2回。
それだけでなんとかするのはムリ。
やはり、家でどれだけ取り組めるか、ということになります。

おやこえいごくらぶでお願いしてるのは、とにかく英語の動画を毎日少しでも見てね、ということだけなのだけど、それすら毎日欠かさず行うのはなかなか大変なんですよね。

だけどね、毎日少しずつでも取り組めば、必ず目に見える成果が出ます。
もちろん、英語でペラペラ話せます、と言うようなものじゃないけど。

英語が理解できたりとか、聞いたことをそのままリピートできたりとかするのは、すごいことなんだから。

だけど、それくらいでも満足できない人もいる。

そういう時、一番手っ取り早いのは、英検を取るとかそういうことなんですよね。

英検が悪いって言うつもりはないんですけど、そこだけを目指して、そこだけで点を取るつもりっていうのは、本当の英語力をつけることからは、ほど遠いです。

子ども英語教育のコツは、たった1つしかない。

コツコツインプットを欠かさず、淡々と英語教室にも通い、少しずつ積み重ねていく。

成果を見ることを焦らない。

あまり結果が見えないからと言って、サッサと諦めたりしない。

なんとか10年続けましょうね〜。

楽器やスポーツと違って、才能も何もいりません。そんなのありません。

コトバなんですから、やりさえすれば、誰でも出来るようになります。

しかも、役に立つことは、楽器やスポーツの比ではないでしょう。

なんとか、多くの子ども達が、英語くらい、チャッチャと身に付けて欲しいな。。。