英語教育の弊害なのかな?

20160729152007.jpg

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児、幼稚園、小学生のための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

昔、翻訳コースを受講してたときの仲間と久しぶりに会いました。

彼女は日本育ちだけど、ずーっとインターナショナルスクール育ちで日本の教育は受けたことのない人です。

インターナショナルスクールに行ってれば、それだけで英語はバッチリと思われるかもですが、やはり日本で育っている以上、圧倒的な日本語環境なわけですから、そんなに簡単にはいきません。

彼女は、お父様が英語ができる人だったので家でも英語を話す機会がありとにかく英語は小さいときからめちゃできたらしい。

んで、小さいとき、彼女は、皆がわからない英語を自分がしゃべれる、ということが「気持ちよくて優越感を感じていた」と言ってました。

ウチの娘にも聞いてみたら、やっぱりハイスクールくらいのときには、ちょびっと優越感を感じたことがあったそうです。

それは、本当に個人差があることでしょう。

優越感を感じる子もいれば、逆に、「他の人と違う」ことが嫌で、英語を拒否してしまう子もいます。

ちょっとくらい優越感を感じるのはいいのではないかと思います。自分に自信を持つことにつながりますしね。

だけど、英語を拒否されると残念ですね。

そこらへん、上手くやらないといけませんね。

「他人と違う」ことって、苦手な子ども、多いです。

だから、なるべく、同じ様な子達と仲間意識が持てる様な環境が必要だと思うんです。

同じです経験を共有できる仲間と、たくさんの思い出を作りながら、そこに英語がくっついてきたら、一番いいですよね。

「おやこえいごくらぶ」が、そういう場所になってくれればいいなーと思っています。

サマースクール、楽しかったね!

秋のキャンペーンで、特別に単発レッスンを行います!

この機会にレッスンを受けてみませんか?

秋のキャンペーン!単発レッスンのご案内です!

お申し込みはこちらから。

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、大府市、東海市等から通って頂いています。

<br
ホームページはこちら