ちびっ子バイリンガルを育てるただひとつの方法

20160810141415.jpg

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児、幼稚園、小学生のための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

さて、ちびっ子バイリンガルを育てる方法とは?
それは「英語で生活させること」です。

つまり、日常生活で英語を使わせること。
それに尽きます。
それ以上の秘策など、あり得ません。

ーインターナショナルスクールなどに通って学校生活を英語にする

ー家庭生活で英語を使う

ーその他、親戚の家に行ったら英語、とか休み毎に外国に長期滞在など

以上の様な工夫が必要です。

受身的に、英語をインプットするだけでは、英語を使えるようにはなりません。

日常的に、英語でコミュニケーションをする機会がないとね。

おやこえいごくらぶでも、いつかはインターナショナルプリスクールを作りたいかな?という希望がないことはない。

そうすると、家庭では英語、学校では英語、というスタンスで、やり易くなるよね。。。

だけど、多くの家庭にとって、そこまで、本当に必要かな?というギモンがあります。

そこまで、おカネをかけてもらう必要があるかしら?

ウーム。。。考えどころですね。

そして、週に一度や二度の英語教室に通うことが、直接バイリンガルに結びつくことは決してありません。

そんなこと言ったら、おやこえいごくらぶに来てくれなくなるかな?

だけど、本当のことだもの。

もちろん、おやこえいごくらぶだけではないですよ。

どこの英語教室だってそうです。

一生懸命やってる先生ほど、限界を感じているはず。

じゃあなんでレッスンをやるの?

それはですね、本格的に英語を身につけるための種まきをするためです!

週一度のレッスンを軸に、家でガンガンサポートして、本当にちびっ子バイリンガルを育ててしまう人もいるでしょう。

この場合、レッスンが、お家での英語の取り組みにプラスの影響を与えることは充分に可能です。

だけど、どんなに良いレッスンであっても、お家でのサポートがないと、殆ど意味がありません。

週一回や二回のレッスンでは、どうあがいたって、量が足りません。

そこが、児童英語の泣きどころだと思います。

大人の語学習得は、本人の強い意志があって初めて成立すること、それ以外にありえない。

強い意志などない(はずの)ちびっ子が語学習得するには、ママなりなんなりの強力なサポートがないと成立しないわけです。

だから、ぶっちゃけ、家でガンガンるなら、教室なんて行かなくてもちびっ子バイリンガルにはなれるわけ。

私の友人である児童英語教師は、「宿題さえやってきてくれればそれでいい。レッスンで何やるかなんて関係ない。」とまで言ってます。。。

ウーム。。。

わかるんだけどねぇ。。。

言ってること、一理あるんだけどねぇ。。。

だけどね、多くのママは、そんなことムリだと思う。

ママにはママの生活がある。

英語以外にやることもいっぱいある。

私は、そんなママの味方になりたいんです。

ベビーから、親子ふれあいを通じて、英語に親しんで。

難しい幼稚園時代、なんとかゼロにならないように少しでもインプットを絶やさない様にして。

そして、本人の学習意欲が高まるのを待ちたい。

小学校高学年から、一気に伸ばしていきたい。

ちびっ子バイリンガルにも、色々いいこともあるでしょう。
だけど、そのために負担が大きすぎるのはよくないよ。
ママにとっても、ちびっ子にとっても。

そこまでやる価値はないよ。

大丈夫、先は長いんですから。

おやこえいごくらぶの9月キャンペーン、単発レッスンはいかがですか?

秋のキャンペーン!単発レッスンのご案内です!

お問い合わせはこちらから!

</a
ホームページはこちら

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、大府市、東海市等から通って頂いています。