台湾の英語教師がすごすぎる!

20160301000432.jpg

本日、全国英語教育学会(JASELE)の2日目です。

台北市の小学校で英語を教えているIsabela Chang先生のワークショップに参加。

ストーリーテリングについてのワークショップです。

本の選び方や、アクティビティの紹介など、盛りだくさん。

そして、Chang先生の素晴らしい英語力には圧倒されます。

台北市の教育現場に何度も足を運んでいる私。
この先生が特別に素晴らしいわけではないのです。
授業を見学させて頂いた先生方は、皆さん、すごい英語力の持ち主でした。。。

まっ、エリート校ばかり見学した、ということも否めないのですが。

そして、どの学校にも、ネイティブスピーカーの先生が殆どいなかったんですよね。。。

「ネイティブスピーカーは必要ありません。優秀な台湾人の英語教師がたくさんいますから。」と言われました。

とはいえ、台湾全体で見ると、英語力が世界の中で特に高いというわけではないようです。

EF EPI (英語能力指数) – 英語力から見る国別総合ランキング

信頼できる調査なのかどうか定かではないですが、この調査によると、日本は30位、台湾は31位、ということです。

台湾は、まだまだ教育格差が大きい、ということなのか。。。

グローバル化の進む世界の中で、日本はどんな英語教育が必要なのでしょう。。。

結局、「本人が強い意志を持って英語を習得する」「英語がどうしても必要な環境に身を置く」のどちらかしか、基本、ないのではないかと思います。

先のことはなかなかわからないけど、とりあえず、発達段階に応じて、英語に親しんでおきませんか?

まずは、単発レッスンから!秋の限定企画です!

問い合わせはこちらから

</a
ホームページはこちら