早期英語の危険性とは?

20160301000432.jpg

はい、脅迫感たっぷりなタイトルをつけてしまいましたが、、、

今のところ、私の考えは「そんなもんないよね」です。

なんだか、こういうネガティブなコトバ、早期英語の周辺で多くないですか?

「小学校から英語をやるなんてウンヌン、、、」というのは聞きますが、

「小学校から漢字をやるなんてウンヌン、、、」とか

「小学校から地理をやるなんてウンヌン、、、」とか

聞いたこともありません。

ま、すでに小学校の課程に入っていることなので、
ある程度認められているのでしょうね。

だけど、それだって、本当に発達段階に沿ったことなのか、証明されているのでしょうか?

それどころか、中学受験には、小学校の学習範囲をかなり超えたことをやってます。

それは周知の事実。

だけど、それに対して「キケンだやめさせろ!」なんてあまり聞かないような気がします。

なのに、なぜ英語だけ??

フシギ、フシギ、、、

そういうネガティブな言い方は、よくないと思うなぁ。

だって、教育関連で、ホント〜に良いのか、ホント〜に悪いのか、なんてわかるわけないですもん。

結果が出るとか、効果が出るとか、わかりませんもん。

わかるまでに時間がかかりすぎるし、それに個人差というものが、どえりゃ〜大きいですし。

いいんじゃないかな?悪いんじゃあないかな?て感じで、あれこれ試しているわけですよね。

第一、小学校英語は、私立の小学校では、明治時代以降やっていることで、歴史もあるのでは?

特に、私立の子は、小学校英語のせいで破壊されてるってことでもなさそうですし。

もちろん、やり方に気をつけて、過剰にならないよう、子どもを苦しめないよう、

だけど、それは、英語だけではなく、なんでも同じはずです。

音楽でも。

スポーツでも。

算数の勉強でも。

おやこえいごくらぶでは、英語を通して、ちびっこを幸せにしたいんでーす。

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、大府市、東海市等から通って頂いています。

</a
ホームページはこちら

お問い合わせはこちら