正しい英語、間違っている英語

20160301000432.jpg

最近、ネットで流れてきた英語ネタで「わからない、というときI don’t know.なんて言ってませんか?!」
というのがありました。

えっだめなの?!

オチはなんなんでしょうね、オチは。

もしかして、「I don’t know.はわからない、でなくて知らない」だとか?

How are you?なんて言わないんだとか、My name is…なんて言わないんだとか、
なんだかんだ流れてきますが、いずれも煽りというかデマというか。

この間も、「これは文法的に正しいのか?間違いなのか?」という質問を受けましたが
私の答えはといいますと
「文法的にどうかというより、皆がそう言うんならそれでもいいんだよ」

言葉っていうのは、一定しないものですから、あまり「正しさ」にこだわりすぎると
使いづらいものになってしまいます。

とはいいつつも、なんせコトバをお仕事にしてるわたしですから、
ついつい見聞きするコトバに「ん?」となってしまうのもまた確か。

例えば、最近のこと、仲のいい友人である、大学の英語教員と話してたときのこと。

友「この間、医者に行ったんだけど、メチャ怒られてさ。」

私「怒られた? なんで?何言ったん?」

友「いや、具合はどうかと聞かれるから、はい、昨日はこうだったんですけど、、、と話し始めたら
イキナリ怒鳴りだしてさ。」

私「え?!何それ?なんで怒るの?」

友「昨日について聞いてない、今だ、ジャストナウだ!って怒鳴りだした。」

私「何その前時代的な医者!(=゚ω゚)ノパワハラ!
しかもなんで英語?!」

んで、その英語についてなのですが、、、

そう言うときに、ジャストナウ just nowはおかしいと思うなぁ。
それは、ライトナウじゃない?right nowだと思うよ。

just now というのは、ちょっと前の過去のこと。今着いたよ、ていうときの今でしょう。

right nowは、まさに今、この瞬間、ということ。

What time is it right now?であってjust nowとはいいません。

なーんてことをツラツラと考えていました。

通じればいい、という範囲に入るかどうかは別として、
そして、もちろん言葉を使おうとするとき、母語かどうかにかかわらず、
何人も間違いをすることから完全に逃れられることはありませんよね。

だから、それを責めるんではないけれど、コトバの教師たるもの、
コトバに対する感受性を高めておくことは大切なのではないか、と思います。

それにしても、カッコつけて英語を持ち出してるつもりか?

そんなのカッコ悪いですねー。

自分も気をつけます。。。

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、大府市、等から通って頂いています。

</a
ホームページはこちら

お問い合わせはこちら