オールイングリッシュがいいのか、日本語も使うのがいいのか?

20170109184144.jpg

「レッスンでは、死んでも日本語は使わないぞ!」
なんていきむことはないけど、
「なるべく英語を使う」という態度は大事だと思います。

ちびっ子にとって、英語教室に通う目的は、まず、
「英語でコミュニケーションを取る場」のためだと
思うんです。

その次が「インプット」だろうけど、
教室で得られるインプットなんてたかがしれてる。
圧倒的に量が足りない。

そして、多くのお家では、
英語でコミュニケーションをすることは難しい。

♦️お家では、インプット

♦️教室では、コミュニケーション(➕インプット)

というのが、一番望ましいです。

教室で、どうやって意味のあるコミュニケーションを
起こすのか?

というのが、英語教師の大きな課題。

これには、もちろん英語の運用能力、知識も
必要でしょうが、
それ以上に、教師のコミュニケーション能力が
重要です。

オールイングリッシュのレッスンに
教師が躊躇してしまうケースがあるけど
それは、「間違いを恐れるから」でしょう。

だけど、「話す」というのはアドリブだから
間違いからは、逃れられないんです。

教師だって間違っていいんです!

実際のコミュニケーションでは、
日本語だろうが英語だろうが、
間違いなんてしょっちゅう起こります。

もっと肩の力を抜いて、コミュニケーションを
楽しみましょう。

教師が間違ったからって、直ちにそれが
子どもに悪影響を及ぼすってこともないです。

「教師も生徒も安心して英語でコミュニケーションできる場」
これが大切!

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、大府市、東海市等から通って頂いています。

ホームページはこちら

お問い合わせはこちら