幼児の英語教育で積極的に日本語を使いたくない理由

english

「常に英語と日本語を対比して考える習慣をつけて欲しくないから」です。

「クマさんは英語でなんていうの?」
「クジラは英語でなんていうの?」くらいなら大したことないかもしれません。

でもね、すぐそれでは収まらなくなってきます。

よく出される例として、身体のパーツ。
日本語と英語では、範囲がビミョウにずれていることがあります。

日本語では
「車の窓からを出しちゃダメ!」と言いますが
英語では
“Don’t put your HEAD out of the window!”

通説では、head イコール アタマですから、あれっと思いますよね。

だからと言って
head イコール カオかと言うとそんなことは全くなくて
I patted the dog on the head. は、犬のアタマをなでた、ということですよね。

要は、英語のheadの方が範囲が広いわけですね。

こういうことを、幼児や小学校の時から、対比させて説明する必要性はないです。

それぞれ、日本語は日本語、英語は英語である程度身につけて、もっと先にいってから「ことば」について考える機会を持てばよいですよね。

私も今でも、ハッとさせられる使い方に出会うことがあります。

「アナと雪の女王」で、アナが、エルサの戴冠式が嬉しくて興奮して、「恥ずかしいからチョコ食べちゃう」という歌詞が、英語ではなんと!

“I wanna stuff some chocolate in my face.”

え〜faceにチョコですか!!!
チョコを詰め込んでほっぺがプックリ、というような絵なんでしょうか。
うーん、面白い!

でも、こんな対比なんて、後からでいいですよ。
英語と日本語が両方ともかなりできてからでいい。

幼児、小学生でも、自分で気づくこともあります。
「ことばのフシギ」に気づくときがあります。
そういうときには、答えられる範囲で答えてあげればいいですよね。
でも、教える側、親の側から、日本語でいちいち対比させて教えることには、賛成できません。

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、北区、瑞穂区、愛知県豊明市、春日井市、東海市等から通って頂いています。

ホームページはこちら

お問い合わせはこちら

久しぶりにブログ村に参加しています。
応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村