幼児英語「フォニックス」開始時期は?

20170514135235.jpg

おやこえいごくらぶでフォニックスをゆるりと指導し始めるのは、幼稚園になってからですね。アルファベットの音を少しずつ教えていきます。だけどね、最近、「やはりフォニックスは急がないでいいな」と思った出来事がありました。

日本語の音に対する理解も、ゆっくり深めていく

年間、10回ほど、公立の小学校、中学校の授業を見る機会があります。先日、ある小学校の2年生の国語の授業を見ました。お題は「高さによって意味が変わることば」です。
「雨、飴」「橋、端」「酒、鮭」など。

ここでも、すごい個人差が!しっかり理解して、音の高さの違いも発音し分けられる子は、クラスでほんの数人、て感じ。

「音の高さ」を理解している子もいれば、まだあやふやな子も。そして、理解していても自分でそれを発音し分けられる、ということはまた別な話でした。

小学校2年生ですから、7~8歳ですよね。日本語、ペラペラです。だけど、細かい点になるとまだまだこんなものなんですね。
「他に、同じ様なことばを探してみましょう」と先生のムチャぶりに対して「白、城」「二時、虹」など、うん、まぁ、そっかな、、、って思える答えもあれば「豹、雹」(発音完全一緒では?)「ご飯、五班」(…そう?)「光るカミナリと怒った時のカミナリ」という何がなんだかわかんない答えまで。。。

8歳になってもこんなもんなんだ、、、とあらためて感じました。

フォニックスの前にやるべきたくさんのこと

生まれた時から7年以上、毎日浸りきっている母語ですらこれなんだから、外国語である英語で、そんな簡単に「音韻認識」が身につくわけありません。
英米の言語教育を見ると、「韻‐ライム」を早い段階でかなり意識させています。
わらべ歌はナーサリーライムというくらいで、ライムばっかりだし、昔話にもライムがいっぱい。小学校入学前になると、自分でライムを作りましょう、的な課題も出ます。

外国人も同じプロセスを踏むべきかどうか、それは議論の余地があるでしょう。でも同じ年齢から始めるのであれば、そこはやっといた方がいいんじゃない?だから、おやこえいごくらぶでも、幼稚園入園前には、ひたすらそれやってます。「音韻認識を高めるアクティビティ」とでもいいましょうか。

英語の音に十分なじんでからフォニックスへ

だから幼稚園入る前のレッスンで、やはりフォニックスはいらんと思う。ほかにやることいっぱいあるんで、そっち優先させてくださいませ。
そして、フォニックスも、一気に教えるんでなくて、ゆるゆるとお願いします。
幼稚園に入ったらゆるゆる始めて、小学校2年生くらいまでにのんびりやればいいと思う。3年生まででもいいよ。
そいで、cat, mat 等の三文字語の音の関連性に気づけばすっごーいんだけどね。どうでしょう。おやこえいごくらぶに来てる子たちは、小1でも結構気づいて自分で読めてる子、たくさんいます。自分で勝手に気づく子たちに関しては、特にフォニックス教えなくても大丈夫です。

フォニックス命の考え方を捨てよう

フォニックスの目的は、「英語が読めるようになること」です。
「フォニックスで発音がよくなる」なんて聞くことがありますが、全くのガセネタですから!幼稚園以前から英語に親しむ醍醐味は、「文字を見せないでどんだけ英語を聞かせられるか」ということなんです。
自分でさっさと気づく子にはフォニックスなんていりません。早速リーディングを始めればいいんです。自分では気づきにくい子には、フォニックスの助けが必要でしょう。

フォニックスって色々ありますよね。どれが一番いいんですか?

フォニックスは大きく分けて2つ。アナリティックフォニックスとシンセティックフォニックス。
アナリティックフォニックスとは、cat, mat等で音のパターンに気づいて、読み方につなげていくやり方。cat, mat の前半部分は違う、後半部分は同じ、だから、c の音は、「クッ」でm の音は「ムッ」なんだな!つまり、単語ファースト。
シンセティックフォニックスは、先に音を教える。c は「クッ」だよ!m は「ムッ」だよ。a の音は「エァ」t の音は「トゥ」それを、アー!とくっつけると!(ピコ太郎風に)単語でなくて、音ファースト。

最近はシンセティックフォニックス人気のようですが、目新しいことでもないですよ。アナリティック命!派の人だと、音を分けたり、音の足し算はゼッタイだめ!なんていう過激派もいるけど、大抵のアナリティックなやり方でも、音に分けて考えることはやってますもん。

MPIの教材は、アナリティックとシンセティックが程よく組みあわせてあって、いいと思いますよ。ただしちょっと気になることがあって、現在私はMPIの教材は使ってないですけど。MPIの教材が悪いんじゃなくて、それは私のこだわりがあって、他の教材でも大抵ダメなんです。ですので、おやこえいごくらぶで使っているのは自作のオリジナル教材のみですね。それ以外は、アメリカの安いワークブックを適当に笑 私のこだわりについては、またの機会に書いてみたいと思います。

「幼児英語におけるフォニックスに関する私のこだわり」に関しては、こちらでお読みください。

シンセティックメインのジョリーフォニックスだって、「音韻認識が大切」とHPにも書いてありますし、類推読みを積極的ではないにしろ意識させてるわけだから、アナリティックを排除しているわけではないでしょう。完全にシンセティックで行くなら、音韻認識などいらないもん。

結論ーやり方などどうでもいい。時間かけすぎない。

とにかく、「英語が読めるようになる」のが目的なので、そこにあまり意味を持たせ過ぎないことです。だって、機械的なことだよ?単なるルールだよ?やめとこやめとこ。

ただし、小学校高学年とか、中学校とかの初心者に対しては、簡単な英単語をベースに発音、フォニックスと進めていけばいいでしょう。ある程度「ルール」を教えた方が安心できる年齢ですよね。

だけど、ちびっ子はそうじゃありません。何度でも言います。「文字を見ないでどれだけ英語に親しめるか」それが幼児から英語を始める醍醐味なんです。

赤ちゃんから小学生の英語教室、おやこえいごくらぶのせつこでした!
名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、北区、愛知県豊明市、東海市、春日井市等から来て頂いてます。
お気軽にお問合せください!

ホームページはこちら

お問い合わせはこちら

久しぶりにブログ村に参加しています。
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村