フォニックスを効果的に子ども英語に取り入れるたった1つの方法

フォニックスは使い捨て、だけどここだけは!

“Phonics is disposable.”「フォニックスは使い捨て」というのが、私のベースライン。とにかく英語が読めるようになれば、どんな方法でも構わないと考えています。
読めるようになるために、量も、やり方も、好きなようにやって、いなくなればポイ。

そんなおおらかな私が、唯一こだわっていることは、といいますと、、、
以前、この私の「こだわり」のせいで、MPIの教材を使っていないということを書きました。
“A, A, A, Apple” ”B, B, B, Bear” のように教えますよね。では、”U”は?
MPIを始め多くの教材では、”U, U, U, Umbrella” なのですが、私はこれが許せない。。。

同じ音?違う音?

おやこえいごくらぶのフォニックス教材では、1つのアルファベット文字について3つの単語を例に出していますが、”U”の例としてあげているのは、”up” “under””us”です。

えーっ”us”??と思われますか?でも、子ども達は全く抵抗ないですよ。”us”ってなーに?なんてあんまり聞きません。フォニックスが目的であって、単語そのものが目的でないので、それで構わないです。逆に、”us”という単語を導入するときには、すでに慣れている状態ですから、メリットでもあります。

“umbrella”とどこが違うか?それはですね、umbrellaの “u”は、schwa (シュワー)と呼ばれる、「強勢のない母音」である、ということです。「アクセントがない」といった方がわかりやすいかもしれません。

“umbrella”の”u”は、”about”の”a”や、”moment”の”e”、”London”の後の方の”o”などと同じ音ですから、それを”u”の音、とするのには抵抗があります。

“sun”や”tunnel”ならよいですが、”u”が語の頭にあってそこに強勢がある単語は、かなり限られるのです。ですので、苦し紛れですが、”up””under””us”としているわけです。

20170605164522.jpg

子どもはたくましい!

おやこえいごくらぶは「英語のリズム」を大切にしています。0歳から小学生の英語教室なんです。せっかく早くから始めるのですから、英語を丸ごと感じてほしい。英語のリズムのためには、シュワーは欠かせない音です。
ですから大切にしているのです。
私のこだわりは、そこです。

ですが!!子どもは、たくましい!子どもは、強い!そして「フォニックスは使い捨て」ですから、フォニックスの抱える色々な矛盾なんて気にしません。逆に言うと、だからこそ、あまりフォニックスにとらわれない方がいいんですけどね。子どもたちは、早く理解して、早く忘れるべきなんです。あまり時間かけちゃいけない。

他のフォニックスの記事もどうぞ!

フォニックスでは英語の発音は良くならない理由
フォニックスを子ども英語に取り入れるために必要な知識

0歳、1歳、2歳、幼稚園児英語、小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、東海市、日進市、春日井市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶの英語レッスンのご紹介はこちらをクリック

名古屋市緑区のおやこえいごくらぶへのお問い合わせはこちらをクリック
久しぶりにブログ村に参加しています。
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村