英語教育、幼稚園では遅すぎる理由

20170706222537.jpg

幼稚園にもなれば、日本語の力が相当伸びてきます。
もう、ほとんど、ペラペラ。

日本語の力が伸びれば伸びるほど、外国語に対して構えてしまいます。

日本語=わかる。楽しい!
外国語=わからない。楽しくない!

ムリもないことですよね。

その点、2歳くらいまでだと、全く抵抗がありません。
「わからない」状態が苦にならない。
だって、まだ2年目なんだもの、人生。
とにかく、わからないことだらけなんです。
でも、なんとなく楽しく過ごせてる。

こういう時期に、英語もちょこっと仲間入りさせてあげて欲しいんですよね。

よーく日本語がわかってからの英語学習は、「自然に」「英語だけで」「遊ぶように」やるのは、キツイです。

だって、ワカンナイことは、楽しめないもの。
「できる」「わかった」経験を積むことが大切。

その時期からは、「学習として」取り組む方がいいのです。

勉強、スタート!

そういう意味で、幼稚園時代、というのは、英語を始めるには、ややムズカシイ時期といえるでしょう。

「楽しむ」には、ギリギリの年齢、だけど「勉強する」には、ちょっとまだ早い。。。

本当に「英語で楽しむ」「英語で遊ぶ」ように親しむには、せめて、年少さんから始めて欲しいですね。

「年中だけど、英語ゼロ!どうしよう!」という方、とっておきの方法がありますよ^_^

それは、次回にしますね。

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、北区、瑞穂区、愛知県豊明市、春日井市、東海市等から通って頂いています。

ホームページはこちら

お問い合わせはこちら

久しぶりにブログ村に参加しています。
応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村