0歳児に英語教えるために知っておくべき知識

20170911172950.jpg
0歳児にどうやって英語教えるの?!

「0歳児の赤ちゃんに英語なんてどうやって教えるの〜?」って聞かれることがよくありますが、要は、英語を通して赤ちゃんと遊んでコミュニケーションするってことなんです

赤ちゃんは、愛され、話しかけられ、抱きしめられて育つことが必要不可欠。

たくさん話しかけて、歌って、あやしてあげましょう。

日本語で、どんどん語りかけてあげましょう。

そして、日本語の語りかけの十分の一でいいですから、少しだけ英語を取り入れるのです。

マザーグースで遊んであげましょう

マザーグースというのは、古くから歌われている英語のわらべうたを指しています。
英米では、ナーサリーライムと呼ばれることが多いですね。
日本でもよく知られる「メリーさんのひつじ」や「ハンプティダンプティ」などもその仲間。

ベビー相手によく歌われるのが、”Pat-a-cake”

Pat-a-cakeの映像はこちらでチェック!

Pat-a-cake, pat-a-cake,
Baker’s man
Bake me a cake as fast as you can
Roll it, pat it, and mark it with a B
Put it in the oven for baby and me!

メロディをつけて歌うこともありますが、そのまま唱えて楽しむことが多いです。

こういうのを、日本語で遊ぶ合い間にちょこっと取り入れるだけなんです。

「早期教育?ケシラカン!」なんて言われるすじあいはありません。

早期教育は、生活の一部にできるかどうかが勝負

早期英語教育なんていうと、イヤがる赤ちゃんを座らせて、単語カードなどを無理矢理見せている図でも浮かぶのでしょうか。

やみくもに反対する人も多いです。

でもね、そういう反対する人って、「極端な状況」を想定してるんですよね。

日常生活の中に、日本語とともにちょこっと英語を取り入れることで、赤ちゃんに悪いことなど起こりえません。

それくらいのことで、日本語がおかしくなるなんて、考えられません。

日本語は日本語で伸ばして、その合い間に英語にもちょこっと慣らしておく。

それだけで、将来の英語学習がグーンとラクになります。

どうか、たくさんの赤ちゃんが、幸せに英語と出会えますように!

0歳児、1歳児、2歳児、幼稚園英語、小学生の英会話教室、おやこえいごくらぶのせつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、北区、瑞穂区、愛知県豊明市、春日井市、東海市、日進市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶのレッスンの様子はこちらをクリック

お問い合わせはこちら

久しぶりにブログ村に参加しています。
応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村