子供英語の七田式英会話教材「さわこの1日」の良い点、悪い点?

20170911172940.jpg
七田式教育とは?

日本の早期教育の草分けともいえる七田式教育。

「眠っている右脳を覚醒させ、能力を開発し、天才児を作る」教育です。
ざっくり言うと。

生まれてすぐ、いや、生まれる前から始めるという超早期教育。
子育てママなら、聞いたことのある方も多いでしょう。

私は、この教育法そのものには、やや不信感を持っています。

七田式教育に不信感を感じたわけ

20年前の私の子育て時代のことです。
我が子の教育に燃えていた私は、あちこちの教室へ見学に。

七田アカデミーの英語教室に行ったときのことです。

教えている先生は、英語ができない。
教材見せて、CDかけるだけ。
特に自宅学習の指示もない。

それなのに、
「3年間でバイリンガルになれる」

んなアホな!

宿題はあるんですか?と聞くと、
「そんなのしなくても、ココ(教室)だけで覚えちゃいます」

その頃は、まだ20代で英語教員の経験も短かったですが、そんなことはあり得ないことくらいわかります。

「こんなに大きな、有名な教室なのに、こんなウソを言うかな?」
信じられない思いでした。

おうち七田式教室、スタート!

元小学校教員の友人は、子どもが生まれて間もなく七田アカデミーに通い始めました。

が、ある日。
「七田の先生、なんだか信用出来ないの。私の方がずっとうまくできる。
七田の教材、100万円くらい買っちゃった。
自分でやるわ。
うちの子ども1人より、友達とやる方が楽しいと思うから、来ない?」

で、友達を4、5人誘っておうち七田式教育スタート!!

フラッシュカードと歌がメインで、他にも皆で工夫して色々やりました。

私は「さわこの1日」の教材を使ったり、歌や手遊びを教えたりで、英語を担当。

この、おうち七田式教室は、その頃1歳だった子ども達が幼稚園入園まで、続きました。

楽しい思い出になりました。

ですが、「天才を作る」「右脳を開く」などの結果が出ているわけでは全くありません。

まとめていうと
楽しくやれば害はないが、特に効果があるわけではない。
値段が見合ってない。
経済的、時間的にムリしてまでやることはない。

さわこの1日について

それでも、これまで、唯一、「さわこの1日」だけは使ってきました。

使いやすい教材だと思います。

良い点は

−2歳児の生活に則した単語や文章
−切れっ端ではなく、まとまった文章
−親しみやすい音源

残念な点は

− さわこが朝食をぐちゃぐちゃにして食べないとか、友達とケンカして噛みつくとか、ムダなエピソード

−とにかく、長すぎる!

この教材は、子どもが、そこそこ集中的にかけ流しで聞いて日常で使えるフレーズを覚えるために使いたい。

なので、もう少し短くてくり返しができるもの、そしておかしなエピソードなどなく、ごく一般的なものが欲しい。

ついに制作することにしました!

というわけで、現在、おやこえいごくらぶのレッスンで使うべく、オリジナル教材を制作中です。

乞うご期待!

0歳児、1歳児、2歳児、幼稚園英語、小学生の英会話教室、おやこえいごくらぶのせつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、北区、瑞穂区、愛知県豊明市、春日井市、東海市、日進市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶのレッスンの様子はこちらをクリック

お問い合わせはこちら

久しぶりにブログ村に参加しています。
応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

今でも、七田式教育の教材でいちばん人気があるとか。

うちの子ども達も、この教材から英語の表現を覚えて口にすることがよくありました。

「2歳児の日常生活」というテーマがとてもいい。

第一、こういう教材がなかなかない。

で、