0歳の赤ちゃんから英語を始めてオールイングリッシュの小学校英語を!

2020年度から、英語教育が変わります

現在、5年生~6年生で週1回で行われている「小学校外国語活動」が進化します!
2020年度より、より早く3年生から始まり、5年生からは「小学校英語」という教科になり、時間も2時間になります。
何が変わるのでしょう?

1.時間数が1時間から2時間に増える。
2.成績がつくようになる。
3.「聞く」「話す」に加えて、「読む」「書く」が導入される。

これはこれは・・・
もう「英語に親しみ、英語に慣れる」のが目的の小学校英語ではなくなるのですね。
この変化を見たら、「英語のスキルを身に付ける」方向へ向かっていると思ってて間違いなさそう。

小学校での「オールイングリッシュ」について

現在の、の小学校英語は、「英語に親しむ」こと、「コミュニケーション能力」を育てることがメインの目的です。英語のスキルをつけることではありません。
こういう目的のときなら、オールイングリッシュでも教えられるのかも。

でも「英語のスキルを身に付ける」のが目的であれば、小学生に、英語の授業をオールイングリッシュでやるのはムリだし、かえってムダだと思います。

日本語の使いどころ、使い分けが大事

あいさつ、時間や曜日、天気などは英語のみでできるでしょう。「本を開きなさい」「よく聞きなさい」などのクラスルームイングリッシュも英語でOK。
その他、慣れるにつれ、多くの部分を英語行うことはできますよね。

子どもが、どうにか「理解できているか」を常にチェックしながら行うことが大切。
下らないゲームの説明をえんえん英語でされても、ゼッタイわかりません。
そうなると、すぐ後にそれを日本語で訳してもらうことになり、英語の部分は全くムダなものになります。

また、日本語の助けをドンドン借りた方がいいのは単語を増やすとき。
日本語スピーカーの子どもは、10歳にもなると約1万語の日本語の単語を知っているそう。
現在、日本の高校英語の単語数、わずかに3000語です。
2020年度から5000語になるということですが、それでも、全然足りない。

日本語をうまく使って、ドンドコ英語の単語も増やした方がゼッタイいい!

単語が増えると、更にオールイングリッシュに近づくわけだからね。

0歳児から始めていれば、全く結果は違いますよ!

0歳から始めていたら、かなりスピードを上げることができます。
少しずつ英語の単語を増やして行けるので、あまり日本語の助けをかりなくてもいいはず。

ママやパパとのふれあいの中で少しずつ英語になれて、少しずつ少しずつ日本語と同じように、英語も使えるようになれば、本当にいいよね。
全ての子ども達に、英語との幸せな出会いがありますように!
20170911172946.jpg

0歳、1歳、2歳、幼稚園児英語、小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、東海市、日進市、春日井市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶの英語レッスンのご紹介はこちらをクリック

名古屋市緑区のおやこえいごくらぶへのお問い合わせはこちらをクリック
久しぶりにブログ村に参加しています。
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村