0歳児の赤ちゃんの英語教育に反対されているママへ

0歳児英語教育に反対されているママへ

「子どもには0歳児から英語を!と思っていたのに、パパやおばあちゃんに、そんなのトンデモナイ!と反対されています」というママ、いらっしゃいますか?

おやこえいごくらぶでも、以前は、「パパには内緒です」というママがいらっしゃいました。
いつの時代も、男性は、女性ほど柔軟な考えができないのかな?
新しいことにはとりあえず反対、という人もいますよね。

いとしいわが子に英語のプレゼントを…と思っていらっしゃるのに、残念なことですよね。
パパ、おばあちゃん、など、回りの人から反対されるときは、どのように対応したらいいのか、考えてみました。

できれば、妊娠中から、英語キャンペーンを!

おなかのに赤ちゃんがいるときから、家の中で英語ブームを作ってしまいましょう!
子どもに英語を習わせたいなら、ママも一緒にやると、とてもいいのです。(もちろん、パパもですけど)

ママが英語を勉強したい!と言っているのに、止める理由はないですよね?
その延長で、ベビーも一緒に英語を聞いている、という状況を作ったらどうでしょう?
ことさらに、「0歳児に英語を聞かせよう」なんてやると、回りの反発も招いてしまうんですよね。
自然に、日常生活に英語がある状態にしていきましょう。

私も、いまだに、かけ流ししてますよ!
家事をするときに、アメリカンドラマをかけて聞きながらやったりします。
ホントに、外国語を習得するのって、習慣の問題なんですよ。
ムリなく、日常生活の一部にしてしまう。
なんだかんだ、いつも触れている。
そういう状態を作っていかないとね。

最近は熱心なパパがいっぱい!

おやこえいごくらぶ、この頃は、パパやおばあちゃんが反対、なんて例は聞かなくなりました。
パパがメインで通ってくれているファミリーもたくさんいます。

20170918235516.jpg

パパとママで協力できると、倍速で進みますよね!
こういうパパやママのために、更によいカリキュラム、レッスンを提供したいと思います!

それでもどうしても回りの協力が得られないときは…

「家に帰って英語の歌なんかかかってるとイライラする」なんていうパパの声も耳にしたことがあります。
残念ですね。
でも、家族ですからね、無視するわけにもいきません。
家族がいるところでは英語の話題は控える、くらいのことはやむを得ないですね。
折りを見て、少しずつお話をして理解を得るしかないでしょう。

そして、日本語でたっぷり赤ちゃんとコミュニケーションしたり、絵本を読んだり、歌を歌ったりして、日本語能力をグーンと高めておきましょう。
1つの言語を高めておくと、それはもう1つの言語を学ぶとき、必ずプラスになりますよ。

それに、2020年からは、小学校3年生で英語の授業が始まるんです。
意外にすぐくるんですよ!
「学校であるんならしかたないよな…」てことで、折れてくれる日も近いです、きっと!
そういう人が増えるんなら、小学校英語の価値もありそうですよね!
どうか、すべての子ども達に、英語との幸せな出会いがありますように!

0歳、1歳、2歳、幼稚園児英語、小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、東海市、日進市、春日井市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶの英語レッスンのご紹介はこちらをクリック

名古屋市緑区のおやこえいごくらぶへのお問い合わせはこちらをクリック
久しぶりにブログ村に参加しています。
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村