林修先生、早期英語教育否定。安河内先生はバイリンガル英語教育賛成で必要性あり!

林修先生、早期英語教育を完全否定

林修先生が、早期英語教育を全否定したことが、話題になってます。
タレントの紗栄子が、子どもをロンドンの名門小学校に入学させるために、1歳から英語教育をしていることを、激しくディスっていました。

「幼児期には、英語よりも思考を伸ばすことが大切」
というのは、もちろんその通りです。
しかし!
「英語を伸ばしたら、思考力が伸びない」という
反比例の関係はない。断じてない。
英語も日本語も、そして思考力も伸ばせばいいだけの話ですよ。

ね?君たち!

20171130231846.jpg

確かに、バイリンガル環境にある子は、
ものリンガルより、言葉が出るのが遅いという。
だけど、そんなのすぐに追いつくこと。

バイリンガル教育が、認知の発達にもよい、という研究結果もあります。
要は、「慎重に行わなければならない」ということ。
「良い結果も予想される」ということです。
早期英語教育に限らず、教育は皆そう。
同じ取り組み→同じ結果、とはならない。
色々な要因が結果を左右します。
そして、色々な教育があっていいわけです。

東大卒の親が、早期英語教育やってると聞いたことない?

そんなアホなこという人だったの、林修先生って?
林先生の回りの数人の東大卒のことじゃない?
ていうか、だから、どうなの?東大卒の親がそういえば、それが正しいの?

第一、紗栄子の目的は東大じゃない。
世界照準の教育しようとしてる。
全然悪いことじゃない。
そのために英語教育して何が悪いの?

てか、帰国子女全員敵に回してません?
え?親の仕事で行ってるならしょうがない?
そんな区別、あるわけないでしょう。
色々な選択肢があって、いいじゃないですか!
皆が皆、日本で受験勉強して東大行くのがいいってもんじゃないんですよ。

安河内先生が早期英語賛成なのは、彼が上智だからですか?

安河内先生は、小学校英語関係の著書もありますし
早期英語教育反対、という話は聞きません。
やはり、東大卒でないとこうなんですかね?
東大卒にそんなに意味を持たせる悪癖、醜いよ!

東大も、世界ランキングだと、ハーバードやオックスフォードは言うまでもなく、シンガポール国立大学にも負けてしまってますし、そんなに偉そうに言わないでよね。

同じ、東進スクールなんだし、2人でちょっとディスカッションしといてくださいな。

早期英語教育は脳幹壊す、と同じ論理ですよね。

先日上げたブログ記事ですが、保健師さんに、小さい頃から英語なんてやったら脳幹壊す、と言われた話がありました。

この保健師さんも、林修先生も、同じです。

「そんな年端もいかない子に、英語だなんて~~~!」って感情だけなんですよね。

まともなロジックなし。

英語はサバイバルのツールになるつつある。やっとけ!

他の言語より断然、有用性があります。役に立つ。
「英語一言語主義はよくない!」と口だけ言ってる人達も、
実は、英語しかできない。
てか、英語だけでもできれば、いいじゃないですか。

日本で教育受けるのも、英語は相当重要。
そして、2020年からは、正式に、
小学校3年生から小学校英語スタート。
全員が、英語やんないといけないんです。
好む、好まざるにかかわらず。
そしたら、なるべく、ムリなく、楽しく、やればいいのではないですか?

そうすると、すぐ
「そんな早くから!ムリに!押し付けて!」とか、
「格差が広がる!」なんていう
ドリームキラーが現れる。

そんな奴は、ほっとけ!

ママとふれあいながら、ムリなくムダなくバイリンガル。

格差のことは、それはもちろん問題ですけど、それって、個人でなんとかできるレベルの話ではないです。

自分の子どもは、自分で守りましょう。

どうか、全ての子ども達に、しあわせな英語との出会いがありますように!

0歳、1歳、2歳、幼稚園児英語、小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、東海市、日進市、春日井市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶの英語レッスンのご紹介はこちらをクリック

名古屋市緑区のおやこえいごくらぶへのお問い合わせはこちらをクリック
久しぶりにブログ村に参加しています。
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村