広島で出会った、親子英語成功者ママ達からこっそり聞いた、成功の秘訣とは?

広島で出会った、親子英語成功者たち

先週の日曜日に、広島で発音セミナーを開催しました。

英語教師、あるいは英語学習者の方の参加がほとんどでしたが、一人だけ、親子英語を実践していらっしゃるママが参加して下さいました。

お子さんは7歳で、既に「聞く、話す」英語は年齢相応の力があるとのこと。
『私はとっくに追い越されています!」とのことでした。

そしてもう一人、お嬢さんが高校生にして、既に高度なバイリンガルに育っているママとも、会うことができました。

親子英語成功者ママたちに聞いた「バイリンガル児を育てる方法」

お2人とも、「英語が得意」というわけではない、というのがすごいところ。
そして、2人とも、子どもが幼稚園に上がる前などのとても小さい頃には、お子さんと一緒に英語に取り組んでいたようです。
英語で話しかける努力もされたようです。

「でも、そのうち抜かされてしまいました」とのこと。
そういえば、親子英語界のレジェンド・小6で英検1級のキリ君のママであるタエさんも同じだったかと思います。

  • 子どもが英語スタートしたばかりの頃は、伴走者として、英語にも多少は取り組み、英語の環境を作る努力を欠かさない。
  • そして、子どもの英語学習が軌道にのり、親を超える英語力がつくまでは継続する。

つまり、子どもが英語の面で自立できるまでは、一緒に取り組む、ということが重要なことがわかります。

子どもを楽しく、ムリなく、バイリンガルに育てよう!

子どもをバイリンガルに育てている親には、英語ができる親も、できない親もいます。

私の子ども達の留学時代の日本人の友達を考えても、ご両親が英語ができない方の方が、多かったような気がします。

自分が英語ができなくて苦労したので、子どもには早くからムリなく英語をさせたい、と考えられる方はたくさんいます。
そして、たくさんの方が成功されています。
もちろん、全員ではありません。
方法や、個人差、色々な要因があります。
でも、「小さい頃は、親が子どもと一緒に取り組む」ことで、楽しんで取り組めるようになり、その結果、かなりの成功率を上げることができるのです。

子どもの英語学習が順調になってくれば、パパ、ママは環境を整えること、応援してあげることに回ればいいのです。
その後は、パパやママの好きなことをしてください。
子どもの小さいときだけは、ちょっとだけ子どもに手を貸してあげて下さい。
どうか、子どもの英語教育に、力を貸してあげてください。

0歳、1歳、2歳、幼稚園児英語、小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、東海市、日進市、春日井市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶの英語レッスンのご紹介はこちらをクリック

名古屋市緑区のおやこえいごくらぶへのお問い合わせはこちらをクリック
久しぶりにブログ村に参加しています。
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村