子ども英語教室・幼児英語の発音練習は聞くだけでいい

英語発音

woman と womenとの違いは?

今日、”woman”と”women”の発音の違いの話になりました。
単数形と複数形。
カタカナ英語だと、「ウーマン」「ウィメン」と表されることがおおいですね。

You Tubeで聞いてみよう!

とにもかくにも、「聞くこと」です。
電子辞書でも聞けるし、現在では、とにかくYou Tubeいけばなんでもあります。

シンプルに、単語だけを繰り返しています。
とにかく、まずはひたすら聞いてみましょう。
なるべく、聞こえたまま、耳コピできるよう頑張ってみましょう。

そして、発音アドバイス!

子どもにも、よくよく聞いた後は、ちょこっとアドバイスします。
そうすると、本当に確実な音が出せるようになるからです。
大人には、もう少しアドバイスが必要ですね。

単数形 “woman”からです。
「ウーマン」ではありません。
まず、/w/の音を思いっきり唇を丸めて。「梅干しばあさんの口」で!
そして/U/、Good morning!のグッ!と同じ音です。
でも、/w/の音の後にあるから、対比で、かなり/オ/っぽく聞こえるのですね。
むりくりカタカナで表すと「ウォマン」て感じでしょうか。
うしろの「マン」はあいまいな母音です。
あまり大きな口をあけないこと!
後ろから、トン、と肩をたたかれたときにでる「アッ」みたいな音。

そして、複数形の ”women”です。
「ウィメン」ではありません。
最初は、「梅干しばあさんの口」/w/、その後は、/I/です。
日本語の「イ」と「エ」の間のような音。
イメージは、「イ」で口がちょっと半開き。
うしろは、「メン」のように、ハッキリ言わない。
こちらも、「あいまいな母音」です。
むりくり、カタカナで表すと、「ウィミン」

“women”で「ウィン」となるのは、ローマ字読みの影響でしょうか。
そして、単数も複数も、”wo”なのに、発音は、違うんですよ。

またもや、フォニックスでは、全く読めない単語です。
あまり、フォニックスばかりにフォーカスしない方がいい例だと思います。

0歳、1歳、2歳、幼稚園児英語、小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、愛知県豊明市、東海市、日進市、春日井市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶの英語レッスンのご紹介はこちらをクリック

名古屋市緑区のおやこえいごくらぶへのお問い合わせはこちらをクリック
久しぶりにブログ村に参加しています。
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村