英語発音を良くするのに必要なことは?

20180320175314.jpg
子供の英語の発音を良くする第一歩

はい、「英語のレッスンは、英語のみですること」です。

あっ子供の場合ね。

英語の発音ってなかなか難しい。
なぜかというと、まず、個々の発音自体が難しいっていうこと。

特に日本人にとっては。

日本語にはない、FとかRとかLの発音は、なかなかの鬼門。

母音も数多い。

日本語なら、帽子の「ハット」も、ピザ小屋という意味の「ピザハット」のハットも、同じ「ハット」だけど、英語ではそれぞれ違う音。

かと思えば、ボストンの「ボ」とロンドンの「ロ」も日本語では同じ、でも英語ではそれぞれ違う音。

日本語の音に当てはめようとすると、おかしくなってしまうのですよー。

英語のレッスンに、日本語と英語を混ぜるな危険!と思うのはココ。

子供の耳にとっては、
「日本語ルート」
「英語ルート」
別々に築いて行く方が、混乱しないのです。

オトナの英語発音は、逆に日本語と対比させながら

オトナの場合は全く別。

オトナには、まず、日本語と英語の、混乱しやすい音を対比させることから始めます。

RとLなら、まず日本語の「らりるれろ」を発音してもらって、舌がどこで何してるか感じてもらいます。

それから、RとLの場合は、どの様に違うのか、て話から進めます。

まず、理屈。
そして、練習。
練習、練習。また練習。

フーッ…

ちびっこはすごいよね。
聞いてるだけで、すぐ真似できちゃうんだから。

いや発音できるってこともすごいんだけど、その前にまず、「聞き取れる」ことがすごいのです。

期間限定のその能力。

後からは、大変な努力が必要な、その能力。

生かした方がいいと思うよ?

ハイ。

0歳児、1歳児、2歳児、幼稚園英語、小学生の英会話教室、おやこえいごくらぶのせつこでした!

名古屋市緑区おやこえいごくらぶは、名古屋市緑区、天白区、北区、瑞穂区、愛知県豊明市、春日井市、東海市、日進市等から通って頂いています。

おやこえいごくらぶのレッスンの様子はこちらをクリック

お問い合わせはこちら

久しぶりにブログ村に参加しています。
応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村