おやこえいごくらぶで ジョリーフォニックスを使わない理由は?

 フォニックス は教えてますよ!

20170605164522.jpgおやこえいごくらぶでは 、幼稚園に入るまでは 親子英語 レッスンをしています。

パパやママと一緒に、楽しく英語でふれあい遊び!

この時期にはフォニックスは一切教えないです。文字を見せたりもしないっ!!

幼稚園コースに進級してから、少しずつ少しずつ フォニックスとお友達に。

と言っても、語頭の音を教えるだけ。
まだフォニックスルールは、まだまだ。

もちろんやればできる子もいるよ、きっと。でもね、後からでも全然問題ないの。早く読み始めることにそんなに意味はないのよ!!

それより、読んでもらうことのほうがずっと大事。英語の音に耳を傾けながら、絵を見ながら、内容を楽しむ方がずっと大事なの!!

時が来れば、もっと短い時間で読めるようになるから。焦る必要はないからね?

フォニックスを始めるのは小学生から

小学生になったら少しずつフォニックスのルールを教え始めます。その時に使う教材は何かって?昔ながらーの、フツーのフォニックスの教材とかワークとか。あれこれアメリカで買ってきたもの。

フォニックスなんて、新しいとか、最新のワザとか、全然そんなんじゃないんですよ?!ズーッと前から教えてるんです。

フォニックスってそもそも何かっていうと、今まで音しか知らなかった言葉を書き言葉にしていくプロセスに必要なスキルです。

そのスキルを身につけられるのであればどんな方法でも構わない。

日本語で言えば「あいうえお」を書けるというようなスキルのことなんですよ。「あいうえお」を書けるようになるのに新しい方法を探しまくったり、飛びついたり、しないでしょ?英語も同じこと。

新しい方法というのは、まだ 確立されていない、ということ。新しい方法に飛びつくことは得策ではないというのが、私のスタンス。

私は、教材として子供に与えるものは、10年20年経ったものを選んだ方が安全だって思ってます。

マザーグースの歌、昔ながらの手遊び、長年親しまれている絵本、そういうものがたーくさんあります。わざわざ新しいものに飛びつく必要、ないと思うんだけど。

ジョリーフォニックスを否定してるのはないですよ

私なりに色々と勉強をしているのです。あれこれ本や論文を読んだり、ネットでの情報収集をしたり。

ゆっくり勉強していくつもりっ。急ぐ必要などないまの。「急いては事を仕損じる」これよ。

そして、大切なこと。
その教材を出している会社や、使っている指導者の言い分だけでなく、逆の立場をとっている人の意見にも耳を傾けること。

とりあえず、今の時点で、フォニックス学習に関しては、十分結果を出せていますから、新しい方法に飛びつく必要がない、ということです。

とにかく、「新しいもの」には、要注意です!
新しい歌やチャンツにもご注意を。
YouTube に、たくさん英語の歌やチャンツが出てていますが、その中にはリズムが崩れているようなものもたくさん含まれてるんです!!ブルブル。

そういうものを使わないで 済む方法はただ一つ。

新しいものではなく、すでにこれまでに 長いこと親しまれているものを選ぶこと!!

また絵本の選び方は?と聞かれたら、「図書館に置いてある絵本を読んでください」って、言ってます。図書館には、長く親しまれた本、専門の司書さんに選ばれた本が置いてあるから!!

新しいものにももちろんいいものはあるんだけど、良いものを見極められるかどうか、それは簡単ではないですよん。迂闊に、目新しいものに飛びつかないことが 安全、というわけです。

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、北区、瑞穂区、愛知県豊明市、春日井市、東海市等から通って頂いています。

ホームページはこちら

お問い合わせはこちら

久しぶりにブログ村に参加しています。
応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村