ベビー英語・親子英語・幼児英語のメリットとデメリット

20190408122710.jpg

ベビー英語・親子英語・幼児英語のメリットは
数知れず。

このブログでも何度もお伝えしている通り。

・「英語の勉強」を最小限にできる。
・リスニング力に多大なメリット。
・ベビー英語は、発音にもメリット大。
・パパママも英語に親しめる。
・英語を通して、子育てを充実させられる。

などなど、数限りない。

対して、デメリット。

実は、現在、親子英語の本を執筆中。
デメリットもキチンと検証しようと
アレコレ論文読んだりしました。

見つかったのは
バイリンガル児においては、
ボキャブラリーが少ない、
単語を思いつくのが遅い、という
ことがあるようです。

これは、前からわかっていたこと。
バイリンガル育児をしている場合
言葉が出るのが遅くなる傾向があることは
前から言われていました。

ある意味、当たり前のこと。
だって、2つのシステムを
同時にインストールしようとしてるんだから。

それを気にするせいか
「2歳までは日本語だけ」にこだわる人も。

でも、そんなの気にする必要全くない。
だって、世界的に見れば
多言語環境で育つ人の方が多い。
それで何にも問題ない。

それに、私の言ってる「ベビー英語」は
あくまで日本語がベース。
日常生活に、できる範囲で
英語も取り入れましょう、というもの。
3分の1でも、5分の1でも、10分の1でも。
0歳からで全く問題ない。
これで、脳がおかしくなったり
日本語がおかしくなったり
するわけない。
ありえない。
そんな例、あったら教えてくださいと
言いたいくらい。

とりあえずやってみましょうよ。
様子を見ながら。
「デメリット亡霊」に取り憑かれて
無難な無難な子育てにならないように!

やらないで後悔するより
やって後悔!
なんて、こんなことを言うと
「子ども相手なのに!ケシカラン!」
なんて言い出す人がきっといる。
だからね、
「様子を見ながら」って言ってるでしょ!!

とにかく、英語にしろ何にしろ
子育ての目的は
「子どもを幸せにする」こと。
将来の幸せ。
そして、今の幸せ。
バランスよく。

「デメリット亡霊」に取り憑かれると
ロクなことないよー。
そういう人に絡まれることあります。

香港の日本語教育の現場では、
日本語を日本語で教えるんでなくて
日本語を英語で教える例が多いと聞きました。

おー!
じゃ日本人の日本語の先生で
英語ができると、香港で働けるね!
英語ってやっぱ役に立つ〜
なんて私が言ってると
「日本語教育の場で英語が役立つなんて
例外中の例外。
英語が役に立つなんて軽々しく言うな」
なんて絡んできた人がいました。

いやいやいやいや。
実際、役立ってるじゃないですか??
香港の人も、そう言ってたんです。
日本人の先生に
香港でもっと働いて欲しいって。
それには、英語が必要だって。

とりあえず、
何したいかわからなくても
英語をやっておけば、
思わぬところで役立つよっていう
よい例じゃないですか。

だからって何も
「英語のできない日本語の先生なんてダメだ」
なんて一言も言ってないよ?

できる範囲で、色々身につけて
自らの可能性を広げておくのに
何の疑問がありましょう。

もっとシンプルに!
そして、目の前の子どもをよく見てね。

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、千種区、愛知県豊明市、長久手市、日進市、東郷町等から通って頂いています。

ホームページはこちら

お問い合わせはこちら

久しぶりにブログ村に参加しています。
応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村