フィリピン英語は、英米と違って訛りが少ない?

20160301000432.jpg

名古屋市緑区で0歳、1歳、2歳児、幼稚園、小学生のための親子英語サロン「おやこえいごくらぶ」を運営しているせつこです。

近所にオープンした英語教室のチラシが入っていました。

読んで驚いたのが、次の文句。

「当校では、フィリピン人講師が教えています!フィリピン英語は、英米の英語より訛りのない、キレイな英語です!」

めっちゃ驚きました。

「フィリピン英語は訛りのない、わかりやすい英語です」というなら、聞いたことありますけどね。

私、フィリピンには2回足を運びましたが、彼らの英語がどうなのか、正直あまり判断できません。。。

あ、セブ島の英語学校に調査に行きましたので、そこの講師さん達は結構英語ができる、というのはわかりました。

英語教育の専門家、というのではないけれど、大学を出た、教育を受けている人たちです。

だけど、一般の人の英語力は、そう高いものではありません。

タクシーの運転手さんなんかは、殆ど英語通じないし、お買い物でも、なんとか簡単なコミュニケーションができるくらい。

ご存じのように、フィリピンは大変な格差社会ですからね。

「カネの切れ目が英語の切れ目」ってことですよねってちょっとイミ違います?

このあたり、同じ英語公用語国でも、シンガポールとは違います。

教育熱心な中国系がメインのシンガポールでは、かなり英語が普及しています。普及し過ぎてる、て感じもするくらい。

んで、フィリピン英語です。

「英米と違って訛りが少ない」ってすごい〜〜!

言っちゃったね言っちゃったねって感じです。

まあねぇ、、、確かに、アメリカやイギリスの英語も、訛ってるっていえば訛ってるんでしょうけど。。。

じゃあ誰の英語が訛ってないの?と言われてもねえ。。。

「オーストラリア英語、ニュージーランド英語は訛ってる」とはよく言われますね。

ぶっちゃけ、ヨーロッパでは、あまり好まれてないようなんですよね。。。
(これは、想像の話ではなく、根拠のある話なんですが、それはまた別のときに)

ヨーロッパでも色々でしょうが、やはり地の利から、イギリス英語が主流、でもメディアの影響で、アメリカ英語もかなり受け入れられてます。

やはり、イギリス英語とアメリカ英語が、世界の主流と言えるでしょう。

だから、「ネイティブに習おう、ネイティブの発音を身につけよう」という考えが出てくるわけですよね。

だからって、イギリス英語、アメリカ英語、訛ってない、とは言えないです。

特にイギリス英語は、方言の種類が多いので。

だけど、チラシで見たような、「フィリピン英語は、英米と違って訛ってません!」は斬新過ぎますってば〜〜!

「訛り」って何か、という定義から考えないとね。

英語には、日本語の共通語にあたるようなものは、定まってないからね。

もちろん、アメリカ国内、イギリス国内、オーストラリア国内、フィリピン国内、などローカルなコンテキストにおいては、それぞれスタンダードぽいものがあるでしょうが。

だけど、英語使用の目的は、国際コミュニケーションだもの。

日本人が英語を学ぶ目的は、イギリス人と話すこと、とかアメリカ人と話すこと、あるいはフィリピン人と話すこと、とかではないからね。

だから、身につける発音も、「国際的に受け入れられやすいもの」を意識していく必要があります。

そこは、はっきり言って、ベビー英語とか、親子英語、もっと言っちゃうと、幼稚園英語がカバーできるところではないと思ってます。

そこは、小学校高学年で、がっちりやりましょう。

おやこえいごくらぶにおまかせ下さい!

2016年度新入会お問い合わせはこちら

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、港区、瑞穂区、愛知県豊明市、大府市等から通って頂いています。

</a
ホームページはこちら