「おうち英語」だけで英語育児はむずかしいよ

おかげさまで、5月に出版した拙著「おやこえいご」に、多くの反響を頂いています。

昨日、某新聞より取材を受けました。

取材内容のメインが
「お家で英語に取り組むにはどうすればいいのでしょうか?」ということ。

お家で取り組む工夫については、
本にもたくさん盛り込んであります。
そのメインは
「子どもに見せる動画を全て英語に」
ということなんですけどね。

動画を含む「インプット」の部分は
ある程度お家でもやらないと
圧倒的に量が足りません。

なので、お家でもぜひやってね。

だけどね、
「英語のできないママが、
英語絵本読み聞かせだけで
子どもをバイリンガルに育てる」
っていうのは、やっぱり難しいと思うなぁ。

そういう答えを期待されてたのかも
しれないけど。

どうして、英語のできない人が
他の人に英語を教えられるの?

英語動画や、英語絵本が大切なのは
もちろんだけど、
それだけでは英語できるようにならない。

「直接英語でコミュニケーション」
することが必要なんです。
しかも、ちょっとだけではダメ。
量がいるんです。

英語圏で育つと、毎日英語環境で
ガンガン「直接コミュニケーションして」
言語習得しますよね。
でも、英語圏以外では、
そんな機会は、なかなか持てないですよね。

だから、日本でも
「ガンガン英語でコミュニケーション」
する環境のある人は、
英語できるようになる可能性高いです。
家では英語のみとか、
小さい頃からインター行くとか。
(たとえそういう環境があっても、
カンタンにはいかないですけどね)

でも、そういう環境にない人は、
「英語を学習する」ということが
必要になってきます。
「覚えたり」
「練習したり」
する必要が出てくる。

絵本を読んでるだけでは、
量が足りないんです。

その部分を、英語ができない人が
できるのかどうか?

それなら、まず、
自分が英語学習するところから
始めましょう!

自分で自分に英語を教えることが
できないのに
たとえ子どもといえども、
他人に英語を教えることなど
できませんよ。

「いや、あるママは、全く英語できなくても
おうち英語だけで、
子どもをバイリンガルにしました」
ですって?

そういうのを「例外」というのでは?
いろーんな要素の組み合わせで。

ママが生まれながらの教え上手とか
ママが、実はこれまで勉強キライだった
だけで、実は語学適性超高いとか
あるいは、子どもの方が、
元々すごく語学の適性が高いとか。

とにかく、かなり可能性の低いことです。
レアなことだから、話題になるわけです。

お家での取り組みが失敗する人が多いことは、
メルカリやヤフオクで、
高額教材が山ほど売られてることで
想像つきますよね。
「ほとんど新品です」
「封を切ってません」
とかっていくらでも見つかります。

ピアノを習うときのことを
考えてみてください。

「おうちピアノ」なんてやる人、いますか?
全く先生につかずに、
ピアノを子どもに教える人なんているかしら?

やっぱり、相当ピアノが弾ける人
だけじゃないでしょうか?

なぜ、英語は、「おうち」でやりたいのかな?

不思議なことです。

お家での英語の取り組みは、
とても大切なこと。

だけど、「おうちだけ」にはしないでね。

どうか、プロの助けを借りてください。

赤ちゃんから小学生の英会話教室、せつこでした!

名古屋市緑区、天白区、南区、瑞穂区、千種区、愛知県豊明市、長久手市、日進市、東郷町等から通って頂いています。

ホームページはこちら

お問い合わせはこちら

久しぶりにブログ村に参加しています。
応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村